FC2ブログ

学生時代によくみた夢

中学・高校生時代によくみていた夢があります。
今でも断片的ではありますが、覚えています。

その頃は夢に興味がなく、ただ単に



”同じような夢をよくみるな~”

くらいの感じで、軽くながしていました(;´・ω・)

あのころの私、どんな風に過ごしていたかな・・・
少し、回想にふけりながら
今回はその夢について調べてみました。



<よく見ていた夢>
・見知らぬデパート(百貨店)エスカレーターに乗って上の階に
あがっていたが、見知らぬ人(男性らしき人物)追いかけられ
エスカレーターを駆け上がっていた。
駆け上がっている途中でいつも目が覚めていた。


☆ポイント☆
 ・お店・・・その店で売っているものが”探しているもの”
 ・エスカレーター・・・状況の変化をあらわす。努力をせず、別の場所に移る。
 ・見知らぬ男性に追われる・・・未来に対する不安※若い時代に見る夢の場合
  (中年以降にみる夢の場合は、気力・体力の衰えや、病気の前触れに)

☆自分なりの解釈☆

いろんなものに興味があり、それを得るためにはお金が必要。
学生時代は普段から真面目に勉強して、確実に合格できるような
学校(自分の偏差値より少し下の高校や大学)を選び、収入が安定するような
仕事に就きたい。
無難な学校選び、無難な仕事選び。
でも、本当にそれでいいのだろうか?



・・・こんな感じになりました。(。-_-。)

専門家ではないので、こんな解釈でいいのかどうかわかりませんが、
私自身の学生時代を振り返ると、こんな感じかと思います。

  
※夢の解釈については、
~増補改訂 決定版 夢占い大事典 不二龍彦 著  Gakken ~
より 引用
・参考にさせていただきました


スポンサーサイト
syokomi
Posted bysyokomi

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。